2009年08月07日

骨盤矯正ダイエットは自然

ダイエットといえば食事制限などをして摂取カロリーを低くするという方法がよく取られるますが、このダイエット法の問題点は、目標体重に到達した後、食事を元に戻すとリバウンドしてしまう恐れがあるということです。

骨盤矯正によるダイエットでは、体の内部の代謝を上げることで自然とカロリー消費が促されるため、無理な食事制限などをしなくても自然と痩せることができます。

骨盤矯正はお勧めのダイエット法です。
posted by sar at 14:40| 骨盤矯正ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

産後の骨盤

妊娠中の女性は出産に向かうにつれて骨盤が開いてきます。そして通常は産後骨盤は自然と閉じていくのですが、骨盤を閉じるための筋肉が衰えていると骨盤が元にもどりません。

この筋肉はインナーマッスルなどと呼ばれる体の内部の筋肉で、通常の筋トレなどでは鍛えることが難しい筋肉です。骨盤が開いたままになると開いた部分に脂肪などがついて肥満化してしまいます。産後の下半身太りの原因は大抵ここにあります。

骨盤矯正ダイエットではこの筋肉を鍛えることができるので、産後骨盤が開いたままになってしまった方なども有効です。
posted by sar at 19:38| 骨盤矯正ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

骨盤のゆがみによる害

骨盤のゆがみによる害には様々なものがあります。骨盤は骨格を支える土台であるため、骨盤がゆがむことでO脚、腰痛、肩こりなど全身の不調が生じます。

また、骨盤が開くことで内臓が下に下がり消化機能も低下します。消化機能が落ちると代謝も悪くなるので、全身の老廃物や毒素を体外に出しにくくなり体の中に溜め込んでしまいます。

また、骨盤が開くことで、お尻が大きなってそこに脂肪が付いたり、足が外に開くので足の外側ばかりに筋肉が付いてしまったりします。必然的に下半身の血行が悪くなるので、むくみやしびれといった症状も生じてきます。

このように骨盤の体に多くの害を与えるものなので、できるだけ早く骨盤矯正を始めることをおススメします。
posted by sar at 04:24| 骨盤矯正ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

骨盤のゆがみチェック

骨盤のゆがみチェックの方法を紹介します。

まずは簡単な目視チェックですが、鏡で腰回りを見て左右対称かチェックします。左右対称でなかったらゆがんでいる可能性があります。

次に目を閉じてその場で足踏みをしてみます。床の元の位置に印を付けておき、何度やってみてもそこから左右どちらか一方にずれて行ってしまうということがあれば、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

次に座って足を組んでみます。どちらか一方は組やすいのに、もう片方は組みにくいということがあれば、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

どれも簡単なチェック法ですが、正確なゆがみの情報を知りたい方は整体などに行くことをお勧めします。
posted by sar at 22:41| 骨盤矯正ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ゆがみを予防するということ

骨盤矯正ダイエットにおいて、現在の骨盤のゆがみを「矯正」するということはとても重要なことであり、これが本来の目的です。

しかし、いくら今ある骨盤のゆがみを整体や矯正グッズなどで矯正しても、生活習慣が骨盤のゆがみを出しやすいものであれば、またすぐにゆがみが出てきてしまいます。

骨盤のゆがみを予防するには、まずはこの生活習慣を改善しないといけません。骨盤ダイエットにおいては、骨盤のゆがみを「予防」するということにも注意しなくてはいけません。
posted by sar at 15:57| 骨盤矯正ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。